自然に利用者からの興味を引かせられる、ネイティブアドの利点

ビジネスメディアガイド

コンテンツ枠に掲載

会議

ネイティブアドの種類として、インフィード型と呼ばれるものがあります。
インフィード方のネイティブアドでは、同一サイト上にコンテンツと広告を並列して表示することができます。
サイトのコンテンツと比べても見た目も統一されており、見た印象から不快感を催すことがないのです。
インフィードの使用によって、広告枠による警戒感も抱かれず、広告を利用しやすい状態としてくれます。
ごく近くに関連した内容の広告が設置されているため、何らかの情報を検索する場合などにも、利用者がついでに見てくれることがあるのです。
こうした種類のネイティブアドは、人とのコミュニケーションを行えるSNSなどでよく見ることができます。
SNSをよく利用する人であれば、友人や知人が行った投稿内容をチェックする時に、同時に広告が近くに載せられているのを見たことがあるでしょう。
友人や知人が行った投稿内容のすぐ近くに表示されるため、何度も見ている内に気になってしまい、広告を開いて見る事を促すことができるのです。
インフィード方のネイティブアドは、最近では多くのサイトで見られるようになったため、利用することにより効果的に広告を行うことができます。
利用する企業が多く存在するという事は、裏を返せばそれだけ利益率が高い広告であるとも考えられます。目に入っても不快とはならず、さり気なく広告を行えるこのインフィード型の広告なら、高い利益をもたらすでしょう。

↑ PAGE TOP